農業関連

​〈有機栽培・土壌改良・塩害対策・病害虫対策・堆肥化・持続可能な農業〉
 

Effective microorganisms and their influence on vegetable production-a review.
有用微生物とその野菜生産への影響 - レビュー

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

M. Olle & I. H. Williams
Jogeva Plant Breeding Institute J.
Estonian University of Life Sciences Institute of Agricultural and Environmental Sciences

The Journal of Horticultural Science and Biotechnology Volume 88, 2013 - Issue 4

このレビューは、有効な微生物(EM)の性質、およびEMが植物の生育、収量、品質、および保護にどのように影響するかを説明することを目的としています。公表された研究の70%において、EMは野菜の生育に正の影響を与えたが、他の30%では有意な影響はなかったと結論付けられた。この調査では、野菜の収量に及ぼすEMの影響に関する22の報告のうち、84%が陽性であり、4%が陰性であり、12%が有意な影響を示さなかった。EMは、害虫や病気の発生率を減らし、雑草を防ぎ、持続可能な農業に貢献することにより、野菜の品質と収量を向上させることができると結論付けられている。

​【農業】【レビュー論文】

Long-term effective microorganisms application promote growth and increase yields and nutrition of wheat in China
長期的な有用微生物群の利用は、中国における小麦の収量と栄養を増加させる

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Cheng Hu: Yingchun Qi
Institute of Plant Protection and Soil Science, Hubei Academy of Agricultural Sciences,PR China
College of Life Science and Technology, Huazhong Agricultural University,

European Journal of Agronomy Volume 46, April 2013, Pages 63-67

結果は、EM堆肥の長期適用が、測定されたパラメータについて最も高い値を示し、対照プロットにおいて最も低い値を与えたことを明らかにした。堆肥と組み合わせたEMの適用は、伝統的な堆肥および対照処理と比較して、小麦ストローバイオマス、穀物収量、穀物栄養を有意に増加させた。

​【農業】【小麦】【堆肥】

EFFECT OF EFFECTIVE MICRO-ORGANISMS ON THE PROLINE AND MDA CONTENTS IN HERB PLANT MATERIAL OF OCIMUM BASILICUM L. VAR. PICCOLINO.
バジル(Ocimum basilicum L.)の薬草成分に含まれるプロリンとMDA含有量に関する有用微生物群の効果

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Alicja Auriga Jacek Wrobel 
Department of Plant Physiology and Biochemistry, Faculty of Environmental Management and Agriculture, West Pomeranian University of Technology

FRESENIUS ENVIRONMENTAL BULLETIN, 2018, 27(11), 7409-7415.

NaClを1.9g dm-3添加したピート基材の培養土でスイートバジル(Ocimum basilicum L. var. Piccolino)をポット栽培し、7日ごとにEMの100倍希釈液を灌水した。一月ごとにサンプリングを行い、植物体中の遊離プロリンおよびMDA含量について、EMの有無および処理期間で比較した。その結果、EMと処理期間は相互で有意な効果を示した。EM区はプロリン濃度が低下し、過酸化脂質が有意に低く、酸化ストレスに対して好ましい効果を示した。EMは気候や生育環境の変化に対して、植物の適応を促進させる資材として使用に適している。

​【バジル】【Ocimum basilicum】【酸化ストレス】【薬草】【プロリン】
【マロンジアルデヒド(MDA)】

Fermentation Production of EM Active Calcium and Its Performance for the Prevention on Blossom-end Rot In Facility Tomato Cultivation
EM活性カルシウム資材の発酵生産と、施設栽培のトマトにおける尻腐れ病に対するその抑制効果

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

CHEN Jing-nan, SHAO Xiao-hou, CHANG Ting-ting, CHEN Li-hua, WANG Wei-na, YIN Chao
College of Water Conservancy and Hydropower Engineering, Hohai University
Key Laboratory of Efficient Irrigation-Drainage and Agricultural Soil-Water Environment in Southern China, Hohai University

FRESENIUS ENVIRONMENTAL BULLETIN, 2018, 27(11), 7409-7415.

NaClを1.9g dm-3添加したピート基材の培養土でスイートバジル(Ocimum basilicum L. var. Piccolino)をポット栽培し、7日ごとにEMの100倍希釈液を灌水した。一月ごとにサンプリングを行い、植物体中の遊離プロリンおよびMDA含量について、EMの有無および処理期間で比較した。その結果、EMと処理期間は相互で有意な効果を示した。EM区はプロリン濃度が低下し、過酸化脂質が有意に低く、酸化ストレスに対して好ましい効果を示した。EMは気候や生育環境の変化に対して、植物の適応を促進させる資材として使用に適している。

​【バジル】【Ocimum basilicum】【酸化ストレス】【薬草】【プロリン】
【マロンジアルデヒド(MDA)】

注目の論文

 
発表年別

2019

 
 
 
 
 
 

Effective microorganisms: An innovative tool for inducing common bean (Phaseolus vulgaris L.) salt-tolerance by regulating photosynthetic rate and endogenous phytohormones production
有用微生物群:光合成速度と内因性植物ホルモン生産を調節することによりインゲンマメ(Phaseolus vulgaris L.)の耐塩性を誘導するための革新的ツール

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Neveen B.Talaat
Department of Plant Physiology, Faculty of Agriculture, Cairo University, Giza, Egypt

Scientia Horticulturae Volume 250, 10 May 2019, Pages 254-265

要約すると、EMアプリケーションは、光合成装置調整のメカニズムと内因性植物ホルモンの生合成の両方を調節することによって、塩分の問題を軽減します。EMの適用は、塩ストレスの有害な影響を軽減するための効果的なアプローチである可能性があり、農業生産システムで調査される可能性があります。

​【農業】【塩害対策】【インゲンマメ】

Effective microorganisms: An innovative tool for inducing common bean (Phaseolus vulgaris L.) salt-tolerance by regulating photosynthetic rate and endogenous phytohormones production
有用微生物群:光合成速度と内因性植物ホルモン生産を調節することによりインゲンマメ(Phaseolus vulgaris L.)の耐塩性を誘導するための革新的ツール

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Neveen B.Talaat
Department of Plant Physiology, Faculty of Agriculture, Cairo University, Giza, Egypt

Scientia Horticulturae Volume 250, 10 May 2019, Pages 254-265

要約すると、EMアプリケーションは、光合成装置調整のメカニズムと内因性植物ホルモンの生合成の両方を調節することによって、塩分の問題を軽減します。EMの適用は、塩ストレスの有害な影響を軽減するための効果的なアプローチである可能性があり、農業生産システムで調査される可能性があります。

​【農業】【塩害対策】【インゲンマメ】

EFFECT OF EFFECTIVE MICRO-ORGANISMS ON THE PROLINE AND MDA CONTENTS IN HERB PLANT MATERIAL OF OCIMUM BASILICUM L. VAR. PICCOLINO.
バジル(Ocimum basilicum L.)の薬草成分に含まれるプロリンとMDA含有量に関する有用微生物群の効果

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Alicja Auriga Jacek Wrobel 
Department of Plant Physiology and Biochemistry, Faculty of Environmental Management and Agriculture, West Pomeranian University of Technology

FRESENIUS ENVIRONMENTAL BULLETIN, 2018, 27(11), 7409-7415.

NaClを1.9g dm-3添加したピート基材の培養土でスイートバジル(Ocimum basilicum L. var. Piccolino)をポット栽培し、7日ごとにEMの100倍希釈液を灌水した。一月ごとにサンプリングを行い、植物体中の遊離プロリンおよびMDA含量について、EMの有無および処理期間で比較した。その結果、EMと処理期間は相互で有意な効果を示した。EM区はプロリン濃度が低下し、過酸化脂質が有意に低く、酸化ストレスに対して好ましい効果を示した。EMは気候や生育環境の変化に対して、植物の適応を促進させる資材として使用に適している。

​【バジル】【Ocimum basilicum】【酸化ストレス】【薬草】【プロリン】
【マロンジアルデヒド(MDA)】

Soil carbon and nitrogen sequestration and crop growth as influenced by long-term application of effective microorganism compost
有用微生物群堆肥の長期施用の影響を受けた土壌炭素および窒素の貯留および作物の生育

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Cheng Hu, Xiange Xia, Yunfeng Chen, and Xuemei Han
SuleimanAssociate Professor of Horticulture – Faculty of Agriculture, Tishreen University

Chilean Journal of Agricultural Research /2018;78(1): 13-22

無機肥料の長期施用は資源を浪費し、環境を汚染する。有機肥料は土壌肥沃度を向上させることができ、特にEMの使用は堆肥の効果を改善できると仮説を立てた。中国農業大学で、土壌肥沃度の向上、土壌環境の保護、トウモロコシとコムギの収量の増加に関する長期間(11年間)の圃場実験(EM堆肥区、従来の堆肥区、化学肥料区、無肥料区(対照区)を含む)を行った。EM堆肥の長期施用は、化学肥料区や対照区とは異なり、土壌CおよびNの貯留、土壌栄養成分の増加、土壌pHおよび容積重の減少、作物収量の向上を促進した。堆肥の単独施用よりもEM添加堆肥の施用は、土壌のC、N貯留を増加させ、作物収量を向上させる効果があった。

【農業】【有機肥料】【化学肥料】【トウモロコシ】【コムギ】【長期試験】

Biofertilizer (EM-1) effect on growth and yield of three bread wheat cultivars
パンコムギ3品種の生長と収量に及ぼすバイオ肥料(EM-1)の影響

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Muwafaq Abdul-Razzaq :Al-NAQEEB:​Jalal Hameed Hamza:Ammar Al Zubade
University of Baghdad, College of Agriculture, Department of Field Crops
Ministry of Agriculture, State Board for Agricultural Research, Department of Crops

Journal of Central European Agriculture, 2018, 19(3), 530-543

パンコムギ3品種(Ibaa99、Abu-Ghraib3、Buhooth22)の穀粒収量の増加に対するEM1の効果を2015年と2016年の冬季に圃場試験で調べた。処理区は対照区、EM散布1回区(分げつ期1回)、EM散布2回区(分げつ期と茎伸長期)、EM散布3回区(分げつ期と茎伸長期と発芽期)を設定した。結果は、3品種ともEMの散布頻度に比例して収量が増加する傾向を認めた、特にIbaa99種は、EM散布3回区で2季とも最高平均穀物収量(4.11と4.58 t/ha)となった。収量はEM1散布頻度に比例して有意に増加した。

【農業】【コムギ】【パンコムギ】

THE EFFECTIVENESS OF EM4 USE ON GROWTH OF CAYENNE PEPPER (Capsicum frutescens L.)
キダチトウガラシ(Capsicum frutescens L.)の成長に及ぼすEM4施用効果

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Shalahuddin Mukti Prabowo​
Sangrani Annisa Dewi
Dwi Susilarto

AGRIC JURNAL ILMU PERTANIAN, 2018, (30), 15-24

トウガラシはインドネシアの農家にとって重要な換金野菜の1つである。本研究は、トウガラシの成長に対するEM4の効果を調査し、最適なEM4施用量と時間を明らかにすることを目的とした。実験はEM4の施用量5ml/L, 10ml/L, 15ml/Lの3処理区、施用時間は5日間, 10日間, 15日間の3処理区を設定し、対照区と併せて計10 処理区を設けた。結果は、10ml/L, 15日間のEM4施用が草丈、植物バイオマス、根長に対して最も効果のある組合せであった。

【農業】【トウガラシ】【Capsicum frutescens L.】

Response of Silybium marianum L. plants to foliar application of algae, chitosan and effective microorganisms.
藻類、キトサンおよび有用微生物群の葉面施用に対するマリアアザミの反応

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

El-Khateeb M.A., El-Attar A.B. and R.G. Fayed
Department of Ornamental Horticulture, Faculty of Agriculture, Cairo University, Giza, Egypt

Bioscience Research, 2018, 15(2): 628-636.

マリアアザミの生長、開花、種子収量、化学組成に及ぼす、藻類、キトサン、EMの葉面散布効果を調べた。全ての処理区で草丈、茎幅、枝と葉の形成が増加したが、キトサン200ppmとEM 5ml/Lが最も効果的だった。葉の新鮮重と乾燥重はEM 5ml/L処理が最も高く、種子生産量も、EM 5ml/L処理で最高であった。EM 5ml/L散布は葉の中の、N、P、K、Mgの含有量を著しく増加させた。これらの結果は、マリアアザミの種子生産量の増加に有効な処理は、EM 5ml/L処理、次いでキトサン処理であることを示した。

【農業】【マリアアザミ】【Silybium marianum L.】【キトサン】【薬草】

Italian chabazitic-zeolitite and effective microorganisms for the qualitative improvement of olive trees.
イタリア産チャバザイト・ゼオライトと有用微生物群によるオリーブ樹木の品質改善

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Prisa Domenico
CREA Council for Agricultural Research and Economics

Atti della Società Toscana de Scienze Naturali di Pisa, 2018; 125; 13-17

試験温室にて、天然ゼオライトと有用微生物群(EM)を基質に混合することによるオリーブ品質向上の可能性を評価した結果、ピートモス+ゼオライトとEMに挿し木した場合、ピートモス+軽石に挿し木した場合に比べて根の伸長度合が有意に増加するとともに、高い活着率を示した。また、オリーブの生育基質としても使用できる可能性がある。

【農業】【オリーブ】【挿し木】【ゼオライト】【ピートモス】【育苗】

Effect of Microbial Consortia on Photosynthetic Efficiency of Arabidopsis thaliana under Drought Stress
干ばつストレス下でのシロイヌナズナの光合成効率に及ぼす微生物コンソーシアムの影響

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Hazem M. Kalaji [a,b], Wasu Pathom-aree [c], Ramin Lotfi [d], Panchal Balaji [e], Nabil Elshery [f], Ewa Beata G rska [g], Micha Swiatek [h], Tomasz Horaczek [a], Jacek Mojski [a], Henryk Kociel [a], Micha Miros aw Rytel [a] and Sada Yoosathaporn* [c]
[a] Institute of Technology and Life Sciences (ITP), Falenty, Al. Hrabska 3, 05-090 Raszyn, Poland.
[b] Department of Plant Physiology, Faculty of Agriculture and Biology, Warsaw University of Life Sciences
[c] Microbiology Section, Department of Biology, Faculty of Science, Chiang Mai University,
[d] Dryland Agricultural Research Institute, Agricultural Research, Education & Extension Organization (AREEO), Maragheh, Iran.
[e] Nurture Earth Research and Development Pvt. Ltd., MIT, Beed Bypass Road, Aurangabad-431028 (MS), India.
[f] Agricultural Botany Department, Faculty of Agriculture, Tanta University, Tanta, Egypt.
[g] Autonomus Department of Biology of Microorganisms, Biology Faculty of Agriculture and Biology, Warsaw University of Life Sciences-SGGW, Nowoursynowska 166, 02-787 Warsaw, Poland.
[h] Microbiological Institute of Technology in Turku (ITM), Turek, Poland.

Chiang Mai J. Sci. 2018; 45(1) : 1-10

干ばつストレス下のシロイヌナズナの光合成効率に及ぼすEMの影響を調べた。干ばつストレス時にEM希釈液を施用したEM区(1, 5, 10% v/v)、対照区(灌水あり、EMなし)、干ばつ区(灌水なし、EMなし)を設け実験した。干ばつ処理後2週間目に光合成効率、新鮮・乾燥重量を測定し比較した。干ばつ区では新鮮・乾燥質量の顕著な減少があり、光合成効率の負の効果を示した。EM区はクロロフィル含量と光合成効率が増加し、干ばつ耐性が向上した。クロロフィル蛍光の最も高い増加は、EM1%v/v区だった。本研究は、EM処理が干ばつストレス下での光合成効率(光化学系II, PSII)を改善することを示した。
 
【農業】【シロイヌナズナ】【Arabidopsis thaliana】【干ばつ】【乾燥ストレス】
【光合成】

Soil carbon and nitrogen sequestration and crop growth as influenced by long-term application of effective microorganism compost
有用微生物群堆肥の長期施用の影響を受けた土壌炭素および窒素の貯留および作物の生育

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Cheng Hu1 :Xiange Xia1 :Yunfeng Chen1 :Xuemei Han2
1Hubei Academy of Agricultural Sciences, Institute of Plant Protection and Soil Fertilizer, Wuhan 430064, P.R. China
2Nanyang Normal University, School of Life Science and Technology, Nanyang, 473061, P.R. China.

Chilean Journal of Agricultural Research /2018;78(1): 13-22

無機肥料の長期施用は資源を浪費し、環境を汚染する。有機肥料は土壌肥沃度を向上させることができ、特にEMの使用は堆肥の効果を改善できると仮説を立てた。中国農業大学で、土壌肥沃度の向上、土壌環境の保護、トウモロコシとコムギの収量の増加に関する長期間(11年間)の圃場実験(EM堆肥区、従来の堆肥区、化学肥料区、無肥料区(対照区)を含む)を行った。EM堆肥の長期施用は、化学肥料区や対照区とは異なり、土壌CおよびNの貯留、土壌栄養成分の増加、土壌pHおよび容積重の減少、作物収量の向上を促進した。堆肥の単独施用よりもEM添加堆肥の施用は、土壌のC、N貯留を増加させ、作物収量を向上させる効果があった。

【農業】【有機肥料】【化学肥料】【トウモロコシ】【コムギ】【長期試験】

GROWTH OF ZELKOVA SERRATA SEEDLINGS IN A CONTAINERISED PRODUCTION SYSTEM TREATED WITH EFFECTIVE MICROORGANISMS AND BIOCHAR
有用微生物群(EM)とバイオ炭で処理したコンテナ栽培システムにおけるケヤキ(ZELKOVA SERRATA) 苗の成長

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

L Meng, A Rahman, SH Han, SB Kim, MS Cho and BB Park
Chungnam National University、
National institute of forest Science ,Republic of korea

Journal of Tropical Forest Science, 2018, 30(1), 49-57.

コンテナ苗生産における培養土の物理・化学的品質の改善は、森林再生時の苗の移植後の製造及び初期成長管理する上で重要である。 ケヤキ(Zelkova s​​errata)苗の生育に及ぼすバイオ炭とEMの影響を調べた。 5つのバイオ炭混合比、2つの施肥量、EM有りまたは無しで5ヶ月間育苗し、各処理区の苗高、地際直径、乾燥重量を測定した。成長パラメータは、1g L-1施肥、EM処理、低いバイオ炭率で処理された苗が最も高かった。品質指数は、バイオ炭混合比が少ない方が高かった。結果はケヤキ苗コンテナ生産では低バイオ炭比で1g L-1施肥し、EM施用する処理がより良い品質のケヤキ苗栽培に適していることを示した。
 
【農業】【林業】【ケヤキ】【Zelkova serrata】【育苗】【バイオ炭】

THE INFLUENCE OF SELECTED BIOLOGICAL PRODUCTS ON LIMITATION OF THE DEVELOPMENT OF Sclerotinia sclerotiorum SCLEROTIA
Sclerotinia sclerotiorumの菌核の発育制限に対する選択された生物製剤の影響

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Ewa JAJOR
SuleimanAssociate Professor of Horticulture – Faculty of Agriculture, Tishreen University

Journal of Research and Applications in Agricultural Engineering, 2017;63(2);92-96

ラボ試験にてSclerotinia sclerotiorum菌核の分解に及ぼす3種の生物製剤(EM Naturalnie Aktywny, EM Bio、Contans WG)の影響を評価した結果、とても効果的な菌核分解が確認された。菌核に拮抗作用を示すConiothyrium minitansを含むContans WGは病原菌の胞子を完全に破壊した。EMを含むEM Naturalnie Aktywny及びEM Bioの効果については、自然環境中で確認する必要がある。

【農業】【菌核病】【Sclerotinia sclerotiorum sclerotia】【植物病害】

Impact of some safe agricultural treatments on insect pests, vascular wilt disease management and Roselle (Hibiscus sabdariffa L.) productivity under Siwa Oasis conditions
シワ・オアシス条件下でのローゼル(Hibiscus sabdariffa L.)の害虫、萎凋病管理、生産性におけるいくつかの安全な農業処理の影響

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Hanan A. E. A. Hashem1, Abeer E. A. EL-Hadidy2 and E.A. Ali3
1 Medicinal and Aromatic Plants Department, Desert Research Center
2 Plant Pathology Unit Desert Research Center
3 Pesticides Unit, Desert Research Center, El-Mataria, Cairo, Egypt.

International Journal of Environment / 2017; 6: 139–162

ローゼルの生育、収量、有効成分、病気、害虫の減少における土壌添加材と葉面散布の効果と相互作用の調査を行った。土壌添加材は鶏糞10 m3/Fed、EMボカシ10m3/Fed.、カオリン2t/Fed.を、葉面散布はSuper Nano、Tracer 24%、ALKANZ 2000、EM1を用いた。EMボカシはローゼル根圏の微生物数を増加させ、萎凋病、害虫の減少に最も効果的だった。EM1の葉面散布は萎凋病を減少させ、植物の生長、収量、化学組成を向上させたが、コナカイガラムシや葉もぐり虫類の減少に対して最も効果が低かった。土壌添加材と散布の組み合わせは、鶏糞とEM1に続いてEMボカシとEM1が優れていた。

【農業】【ローゼル】【Hibiscus sabdariffa】【ボカシ】【萎凋病】

THE USE OF HUMIC ACID AND EM IN REPLACEMENT OF NPK CHEMICAL FERTILIZATION FOR THE PRODUCTION OF GARDENIA JASMINOIDES POT PLANTS
クチナシ(Gardenia jasminoides)のポット栽培においてNPK化学肥料の代替としてのフミン酸とEMの使用

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Farouk S. Badran1; Mahmoud A. Abdou1; Ahmed A. El-Sayed1; Boshra A. El-Sayed2; Ashraf A. Gohar2
1Fac. Agric., Minia Univ., Egypt
2Ornamental Plants and Landscape Gardening Res. Dept., Hort. Res. Inst., ARC, Giza, Egypt

Scientific J. Flowers & Ornamental Plants, 4(1):121-130 (2017).

エジプトの農業センターにおいて、クチナシの鉢植え栽培に対して、化学肥料の代替としてフミン酸やEMの効果を検証した。その結果、フミン酸やEM処理は化学肥料と同様に生長を促進した。それゆえ、経済的および環境的な視点から、クチナシの高品質な鉢植えを生産する際に化学肥料に代えてこのような賦活資材(フミン酸やEM)を使用することを提案する。

【農業】【クチナシ】【Gardenia jasminoides】【フミン酸】

Investigation of EM application method on alleviation of salt stress on root morphology of sweet corn
スイートコーンの根の形態に対する塩ストレスの緩和へのEM施用法の研究

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Zahra Sabeti,Mohammad Armin,Kakhki Vaezi
Islamic Azad University of Sabzevar
​Hakim Sabzevari University

Ratar. Povrt. 2017, 54(2), 48–55

塩ストレス下のスイートコーンの根の形態に対するEMの効果を調べるために、EMの施用方法(土壌施用、葉面散布、土壌施用+葉面散布)及び塩分濃度(0,25,50,75mM)変えて要因実験を行った。EMは第5葉期の間、土壌施用と葉面散布において30L/ha施用した。根の乾燥重量、根の密度、膜安定性は土壌施用区で最も高く、一方、根量、根長、根と芽の乾燥重量は土壌施用+葉面散布区で最も高かった。EMの土壌施用はその他の方法と比較して塩ストレス下の影響を緩和した。

【農業】【トウモロコシ】【塩害】

COULD BIO AND ORGANIC FERTILIZERS SWITCH OVER CHEMICAL FERTILIZATION OF FABA BEAN PLANTS
ソラマメの化学肥料栽培からバイオ肥料と有機肥料栽培への切り替え

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Hassan, A. Z. A. 1 ; Abdelwahab M. Mahmoud2 and Essam Darwish2
1 Soil, water and environment Institute, Agriculture Research Center, Giza, Egypt;
2 Plant physiology section, Department of Agricultural Botany, Faculty of Agriculture, Cairo University, Giza, Egypt

Egyptian journal of applied science 2015:30(6) 319-334

堆肥(厩肥またはウズラ糞)とEMまたは酵母の葉面散布の組合せの効果を、ソラマメを栽培して評価した。堆肥と微生物の葉面散布した処理区では化学肥料施用区より生長や収量や有意に増加した。特にウズラ糞堆肥とEMの葉面散布の組み合わせにおいて最も成績が良く、経済的にも最大の純利益、費用便益比率(BCR)、投資率が得られた。堆肥の施用と微生物の葉面散布により土壌中の有機物含量、水分保持力などが増加し土壌の物理・化学・生物性も改善された。

【ソラマメ】【有機肥料】

Anaerobic composting of pyrethrum waste with and without effective microorganisms.
有用微生物群の有無による除虫菊廃棄物の嫌気的堆肥化

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

W. Mwegoha
School of Environmental Science and Technology, Ardhi University

African Journal of Environmental Science and Technology/2012;6: 293-299

ピレトリン抽出後の除虫菊固形残渣の堆肥化を通してバイオガスの生産向上のためにEMを使って調査した。1:500 v/vのEMを使用すると最も高いバイオガスを生産し、一方で1:250 v/vのEMで生産されたバイオガスが最も高いメタン収量だった。1:250、1:500、1:1000 v/vの比でEMを混ぜたものはC/N比がすべて最適値になった。EMの混合比は1:4 w/w すなわち、1:250 v/v処理が最も高いメタン構成を認めたことから最適であった。1:250、1:500、1:1000 v/v混合比でEMを添加して堆肥化した除虫菊残渣はCODが平均134g/Lであり、すべてバイオ肥料として使用できる。

【農業】【エネルギー】【除虫菊】【バイオガス】【メタン】【堆肥】

Fermentation Production of EM Active Calcium and Its Performance for the Prevention on Blossom-end Rot In Facility Tomato Cultivation.
EM活性カルシウム資材の発酵生産と、施設栽培のトマトにおける尻腐れ病に対するその抑制効果

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

CHEN Jing-nan 1, 2, a :SHAO Xiao-hou 1, 2, b  :CHANG Ting-ting 1, 2, c  :CHEN Li-hua1, 2, d :WANG Wei-na1, 2, e,:YIN Chao1, 2, f
1 College of Water Conservancy and Hydropower Engineering, Hohai University, Nanjing, 210098, China
2 Key Laboratory of Efficient Irrigation-Drainage and Agricultural Soil-Water Environment in Southern China, Hohai University, 210098, China

Advanced Materials Research. 2012. Vol. 610-613, p138-143.

トマトの尻腐れ病はカルシウムの欠乏によって誘発される。硫酸カルシウム、石灰および石膏をEMに添加して活性カルシウム資材を試作したところ、カルシウム濃度やpH、コストの面から、原料として石灰が適当であった。これを栽培試験中のトマトの果実に散布した結果、尻腐れ病の発生率が対照区よりも35.36%減少した。

【農業】【トマト】【尻腐れ病】【石灰】【カルシウム】

Effects of Synergy between Earthworms and Effective Microorganisms on Vermicomposting of Pig Manure
豚糞のミミズ堆肥化におけるミミズと有用微生物群(EM)の相乗作用

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Xu DiFa ;  Liu GuangShen ;  Yu QuMin ;  Li RongXi
Department of Biological and Environmental Science, Changsha University, Changsha 410003, China.

Animal Husbandry and Feed Science,2011,3(1):39-42

豚糞のミミズ堆肥化におけるミミズとEMの相乗作用を調べた。堆肥化試験をEM接種区、ミミズ接種区、EM+ミミズ接種区、対照区で行った。試料を0、15、30、45、60日目に採取し、全有機炭素(TOC)、総ケルダール窒素(TKN)、アンモニウム窒素、硝酸塩窒素、水溶性炭素(WSC)を測定した。対照区と比べて、EM+ミミズ接種区は、TOC含量が42.8%減少、TKN含量が13.6%増加、炭素窒素比が49.5%減少、アンモニア性窒素は98.1%、硝酸態窒素は96倍、硝酸態窒素は61倍となり、WSC含量は58.9%減少した。ミミズとEMによる豚糞堆肥化は、堆肥成熟を促進し、無機化と安定性を改善する。

【農業】【畜産】【豚糞】【ミミズ堆肥】【ミミズ】

Effect of a Microbial Inoculant on Stomatal Response of Maize Leaves
トウモロコシ葉の気孔応答に及ぼす微生物資材の影響

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Hui-Lian Xu:Xiaoju Wang :Jihua Wang
International Nature Farming Research Center , 5632 Hata, Nagano, 390-1401, Japan
Beijing Academy of Agriculture , Beijing, China

Journal of Crop Production, 3:1, 235-243, 2008

トウモロコシの葉の気孔応答に対するEMの影響を決定するための試験を行った。EMが植物に有益な効果を及ぼすメカニズムはまだ未解明である。EMは植物ホルモンや成長調節物質を合成する可能性がある。トウモロコシの葉の気孔応答に対するEM及び光照射の影響を調べた。トウモロコシを萎凋点まで乾燥させ、EM希釈液または水のみで潅水した。暗闇の置いたトウモロコシへの突然照射は、EM処理区の葉の気孔は水処理区よりも速く開いた。葉を切除後、脱水した場合、EM処理区では水処理区より気孔がゆっくりと閉じた。本結果は、EMが、葉の気孔応答に影響を及ぼす生物活性物質を含有することを示した。

【農業】【トウモロコシ】【光合成】【気孔】

ASSESSMENT OF EFFECTIVE MICROORGANISM ACTIVITY(EM) IN WINTER WHEAT PROTECTION AGAINST FUNGAL DISEASES
真菌病を防ぐための冬小麦における有用微生物群(EM)の評価

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Elżbieta BOLIG ieta BOLIGŁOWA* : Katarzyna GLE WA* : Katarzyna GLEŃ*
Department of Agricultural Environment Protection, Agricultural Univeristy of Krakow,

ECOLOGICAL CEMISTRY AND ENGINEERING A, 2008, 15, 1-2

本研究ではEM、植物素材(イラクサの葉、ソラマメの根茎、シロガラシ種子、冬ナタネ種子、キバナルピナス種子)を其々に加えたEM、Biosept 33SL(天然殺菌剤)を用いて冬小麦の葉、穂、茎基部の健康状態の比較を行った。実験は複合土壌に良質な小麦を植えつけ3反復し、上記の7種類の試料を小麦の生育期間中に5回散布した。結果から、EMがセプトリア病と褐斑病に対し最も防護効果があることがわかった。冬ナタネ種子を添加したEMは小麦の葉の赤さび病の発症を抑制した。Biosept 33 SLは小麦の葉と穂のセプトリア病とフザリウム属菌による立枯病に対して殺菌効果があった。

【農業】【冬小麦】【Septoria nodorum,】【Drechslera tritici-repentis】

Properties and Applications of an Organic Fertilizer Inoculated with Effective Microorganisms
有用微生物群を接種した有機肥料の特性と応用

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Kengo Yamada :Hui-Lian Xu
International Nature Farming Research Center , 5632 Hata, Nagano, 390-1401, Japan

Journal of Crop Production 3.1 (2001): 255-268.

EMボカシの性質を明らかにするために、化学的、物理的、および微生物学的に評価を行った。EMボカシは、乳酸菌や放線菌、光合成細菌、酵母がおり、高濃度の有機酸やアミノ酸、アンモニア態を主とする0.1%程度の無機窒素、1.0%の可給態リンを含み、C/N比は10であった。EMボカシの品質は、初期の水分含量、糖蜜および微生物資材の添加に依存しており、ボカシのpHは発酵品質の指標になると思われた。EMボカシの土壌や作物に対する有効性は、有機画分や微生物の直接的な効果、微生物代謝産物(植物ホルモンや生長調整物質)によるものと思われる。

【農業】【有機肥料】【ボカシ】

世界中のEM関連ニュースや科学論文の内容を日本語で紹介しておりますが、外国語のニュースや科学論文の和訳ついてはプロの翻訳家や各分野の専門家が和訳したものではありません。そのため、和訳した文章にミスや本来のニュアンスと異なる表現がある可能性がありますのでご了承ください。

​お気づきの点などございましたら、下記メールアドレスにお問い合わせください。

お問い合わせ先

​Email : ​​​emworldnews@gmail.com

​推奨閲覧環境(Google Chrome ,Mac 用 Safari (Safari 11 以降))