水質浄化関連

​〈水質改善・水処理・ヘドロ除去・悪臭対策・バイオレメディエーション〉
 
汚染された港湾堆積物のバイオレメディエーションにおける有効な微生物の機能

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Kalu I. Ekpeghere,Byung-Hyuk Kim,Hee-Seong Son,Kyung-Sook Whang,Hee-Sik Kim &Sung-Cheol Koh

韓国海洋大学、環境工学科 釜山 韓国

https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/10934529.2012.629578

Functions of effective microorganisms in bioremediation of the contaminated harbor sediments

これはEM団子を使用して、汚染された海洋(港)堆積物を浄化し、有機酸代謝と人工微生物群集の動態の両方に関してバイオオーグメンテーションプロセス中のEM機能を理解する最初の研究です。

【水質浄化】【EM団子】【悪臭対策】【水質浄化】【ヘドロ対策】

既存の活性汚泥法の向上における有用微生物群(EM)の可能性

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

El Karamany H.M. 1 , El Shatoury S.A.2 , Ahmed D.S. 1 , and Saleh I.S. 1

1 Environmental Engineering department, Faculty of Engineering, Zagazig University, Egypt 2 Botany department, Faculty of Science, Suez Canal University, Egypt

International Water Technology Journal, 2013, 3, 78–87

http://iwtj.info/wp-content/uploads/2013/11/V3-N2-P31.pdf

POTENTIAL OF EFFECTIVE MICROORGANISMS (EM) FOR CONVENTIONAL ACTIVATED SLUDGE UPGRADE

活性汚泥処理向上のため、EMとコントロールの2つのリアクターを同時に作動できるモデル装置を用いてEMの効果を検証した。EMリアクターではTSS、COD、BODの除去率がコントロールの63.5%、66.0%、74.0%と比較して84.5%、91.5%、96.0%に達した。EMの投入量を1/7500から1/1000まで増やすと全ての除去効率が高まった。7日目のCOD、BOD除去率はデイリー投入法(78.0%、82.5%)よりパルス添加法(90.0%と94.5%)が高かったが、長期的にはデイリー投入法の除去効果が高かった。EMの酵素活性はコントロールリアクターの細菌より、有機物の酸化能力が高かった。

【環境保全】【水処理】【活性汚泥法】【BOD】【COD】

世界中のEM関連ニュースや科学論文の内容を日本語で紹介しておりますが、外国語のニュースや科学論文の和訳ついてはプロの翻訳家や各分野の専門家が和訳したものではありません。そのため、和訳した文章にミスや本来のニュアンスと異なる表現がある可能性がありますのでご了承ください。

​お気づきの点などございましたら、下記メールアドレスにお問い合わせください。

お問い合わせ先

​Email : ​​​emworldnews@gmail.com

​推奨閲覧環境(Google Chrome ,Mac 用 Safari (Safari 11 以降))