健康・医療関連

​〈免疫機能・衛生対策・アトピー〉
 

Effects of Special Oral Care with EM(Effective Micro-organisms)Solution by Care Provider on Dental Plague Index、Degree of Halitosis and Quality of Life for the Elderly Patients in Hospital

入院中の高齢患者の歯科疫病指数、口臭度および生活の質に対するケア提供者によるEM菌(有効微生物)溶液による特別な口腔ケアの影響

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

권미경 ( Mikyung Kwon ) , 강경숙 ( Kyungsook Kang ) , 박지일 ( Giil Park )

1南大学2南大学3光州保健大学

The Journal of Humanities and Social science

本研究では、回復期病院の高齢患者に対するEM(Effective Micro-organisms)ソリューションを用いた口腔ケアが歯垢指数、口臭の程度、および口腔の健康に関連する生活の質に及ぼす影響を調べることを試みた。
研究結果は、高齢者のためのEM(Effective Micro-organisms)溶液を用いた口腔ケアが、歯垢指数、口臭の程度、および口腔の健康に関連する生活の質にプラスの影響を及ぼしていることを示した。 したがって、回復期病院の高齢患者の口腔の健康改善にこれらの研究結果を使用することが強く推奨されます。

 

​【健康】【医療】【入院患者】【QOL】【口腔ケア】

Effective microorganism substance (EM-S) reduces development and aggravation of atopic dermatitis-like skin lesions in NC/Nga mice

有用微生物群抽出物はNC/Ngaマウスにおけるアトピー皮膚炎様皮膚障害の発達と悪化を減少させる

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Kwang-Hyun ParkSeung-II JeongJi Ye MokJung-Keun ChoJi Min ParkIn Hwa JeonHyeon Soo Kimand Seon Il Jang

1.Department of BiochemistryChonbuk National University Medical SchoolJeonjuRepublic of Korea

2.Jeonju Biomaterials InstituteJeonjuRepublic of Korea

3.Jeonju University Atopy & Health Research InstituteJeonjuRepublic of Korea

4.School of Alternative Medicine & Health Science, College of Alternative MedicineJeonju UniversityJeonjuRepublic of Korea

Journal of the Korean Society for Applied Biological Chemistry

April 2011, Volume 54, Issue 2, pp 211–220

EM-SのNC/Ngaマウスにおけるアトピー皮膚炎様皮膚障害の発達に対する効果を評価した。EM-Sの効果は、(マウスの)引っ掻き行動、T細胞サブセットの浸潤、サイトカイン生産及びFLG発現の測定により判断された。EM-Sの局所的処理はハウスダストダニ抗原刺激によるマウスの引っ掻き行動を有意に減少させた。IL-4生産とCD4+ 及び CD45+細胞の浸潤はEM-Sによって有意に減少し、CRR10発現も阻害された。またEM-S処理はDfE刺激によって減少したFLGレベルを増加させた。これらの結果はEM-Sが、局所的に施用した場合に、アトピー皮膚炎患者の管理にとって有効となることを示した。

【健康(医療)】【アトピー皮膚炎】【マウス】

注目の論文

Effective microorganism substance (EM-S) reduces development and aggravation of atopic dermatitis-like skin lesions in NC/Nga mice

有用微生物群抽出物はNC/Ngaマウスにおけるアトピー皮膚炎様皮膚障害の発達と悪化を減少させる

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Kwang-Hyun ParkSeung-II JeongJi Ye MokJung-Keun ChoJi Min ParkIn Hwa JeonHyeon Soo Kimand Seon Il Jang

1.Department of BiochemistryChonbuk National University Medical SchoolJeonjuRepublic of Korea

2.Jeonju Biomaterials InstituteJeonjuRepublic of Korea

3.Jeonju University Atopy & Health Research InstituteJeonjuRepublic of Korea

4.School of Alternative Medicine & Health Science, College of Alternative MedicineJeonju UniversityJeonjuRepublic of Korea

Journal of the Korean Society for Applied Biological Chemistry

April 2011, Volume 54, Issue 2, pp 211–220

EM-SのNC/Ngaマウスにおけるアトピー皮膚炎様皮膚障害の発達に対する効果を評価した。EM-Sの効果は、(マウスの)引っ掻き行動、T細胞サブセットの浸潤、サイトカイン生産及びFLG発現の測定により判断された。EM-Sの局所的処理はハウスダストダニ抗原刺激によるマウスの引っ掻き行動を有意に減少させた。IL-4生産とCD4+ 及び CD45+細胞の浸潤はEM-Sによって有意に減少し、CRR10発現も阻害された。またEM-S処理はDfE刺激によって減少したFLGレベルを増加させた。これらの結果はEM-Sが、局所的に施用した場合に、アトピー皮膚炎患者の管理にとって有効となることを示した。

【健康(医療)】【アトピー皮膚炎】【マウス】

発表年別

2011

 
世界中のEM関連ニュースや科学論文の内容を日本語で紹介しておりますが、外国語のニュースや科学論文の和訳ついてはプロの翻訳家や各分野の専門家が和訳したものではありません。そのため、和訳した文章にミスや本来のニュアンスと異なる表現がある可能性がありますのでご了承ください。

​お気づきの点などございましたら、下記メールアドレスにお問い合わせください。

お問い合わせ先

​Email : ​​​emworldnews@gmail.com

​推奨閲覧環境(Google Chrome ,Mac 用 Safari (Safari 11 以降))