畜産関連

​〈畜産・水産・養殖・衛生管理・悪臭対策〉
 

Multi-Microbial Compounds Eliminate or Reduce Salmonella typhimurium from One-third of Poultry Litter Samples Within 8 days

複合微生物混合物は8日以内に家禽敷料中のSalmonella typhimuriumを3分の1に減少させる、または除去する

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Sheffield, Cynthia

Crippen, Tawni - Tc

Beier, Ross

Department of Environmental Engineering , Korea Maritime University , Busan , Republic of Korea

Research Journal of Poultry Sciences;2018;v11(1)p5-8

養鶏において家禽敷料を再利用することは経済的にも重要になっているが、敷料中でSalmonella等の有害微生物増殖し、鶏へのSalmonella感染が発生することが報告されている。本研究では、堆肥促進剤2種(CE1(EM活性液)、CE2)による、敷料中のSalmonella typhimurium(ST)数低減効果を調査した。その結果、EM活性液は施用8日目にST濃度を平均106CFU、CE2は平均104CFU減少させたことから、ST数低減に必要な敷料の使用停止期間を短縮できる可能性が示唆された。EM活性液は家畜やヒトに安全であり、ブロイラー生産者に経済効果と食の安全性をもたらすだろう。

【養鶏】【敷料】【鶏糞】【サルモネラ】【Salmonella】

Journal of Probiotics & Health / 2018; 6: 193

Effect of the EM Bokashi® Multimicrobial Probiotic Preparation on the Non-specific Immune Response in Pigs

EMボカシ マルチ微生物プロバイオティクス製品がブタの非特異的免疫応答に及ぼす影響

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Laskowska E, Jarosz ŁS, Grądzki Z.

Department of Epizootiology and Clinic of Infectious Diseases, Faculty of Veterinary Medicine, University of Life Sciences in Lublin

Probiotics and Antimicrobial Proteins, 2018;10: 1-14

本研究の目的は、単球と顆粒球の貪食作用、単球と顆粒球上の呼吸バースト、抗原SWC3、CD11b + CD18 +発現、ならびにブタのサイトカインおよびリゾチームの血清濃度に対するEMボカシの効果を明らかにすることである。EMボカシの餌への添加は、主に単球において食作用活性を増加させることが見出され、さらに食細胞の割合が増加した。試験42日目で最も高い血清中リゾチーム濃度となった。末梢循環におけるSWC3(単球/顆粒球)発現を伴う細胞数の増加、貪食作用、呼吸バーストに対する細胞のより効果的な組み合わせは、EMボカシの給餌によって非特異的免疫応答が調節されたことを裏付けた。

【養豚】【飼料】【プロバイオティクス】【ボカシ】【免疫応答】

Journal of Probiotics & Health / 2018; 6: 193

Evaluation of the Efficacy of Probiotics in vitro Against Vibrio parahaemolyticus, Causative Agent of Acute Hepatopancreatic Necrosis Disease in Shrimp

エビの急性肝すい臓壊死病の因子であるVibrio parahaemolyticusに対するインビトロ試験によるプロバイオティクスの有効性の評価

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Gustavo Pinoargote and Sadhana Ravishankar

School of Animal and Comparative Biomedical Sciences, University of Arizona, USA

Journal of Probiotics & Health / 2018; 6: 193

エビの深刻な病気であるAHPNDを引き起こすVibrio parahaemolyticusに対するプロバイオティクスの阻害効果を調査した。L. casei、S. cerevisiae、 R. palustrisの3種をプロバイオティクス溶液(上清と菌液全体)とし、個別及び様々な組み合わせを試した。ディスク拡散試験では、上清より菌液全体が阻害活性が高かった。チャレンジテストの結果は、L. caseiまたはその他2種と混合したL. caseiを処理したとき、48時間後に高い病原菌の不活性化を示した。L. casei のみ、L. caseiと他の2種を混合したプロバイオティクス溶液はAHPNDを抑制する可能性を持つ。

【エビ養殖】【プロバイオティクス】【急性肝すい臓壊死症】【AHPND】

注目の論文

発表年別

Effect of the EM Bokashi® Multimicrobial Probiotic Preparation on the Non-specific Immune Response in Pigs

EMボカシ マルチ微生物プロバイオティクス製品がブタの非特異的免疫応答に及ぼす影響

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Laskowska E, Jarosz ŁS, Grądzki Z.

Department of Epizootiology and Clinic of Infectious Diseases, Faculty of Veterinary Medicine, University of Life Sciences in Lublin

本研究の目的は、単球と顆粒球の貪食作用、単球と顆粒球上の呼吸バースト、抗原SWC3、CD11b + CD18 +発現、ならびにブタのサイトカインおよびリゾチームの血清濃度に対するEMボカシの効果を明らかにすることである。EMボカシの餌への添加は、主に単球において食作用活性を増加させることが見出され、さらに食細胞の割合が増加した。試験42日目で最も高い血清中リゾチーム濃度となった。末梢循環におけるSWC3(単球/顆粒球)発現を伴う細胞数の増加、貪食作用、呼吸バーストに対する細胞のより効果的な組み合わせは、EMボカシの給餌によって非特異的免疫応答が調節されたことを裏付けた。

​【養豚】【飼料】【プロバイオティクス】【ボカシ】【免疫応答】

Probiotics and Antimicrobial Proteins, 2018;10: 1-14

Evaluation of the Efficacy of Probiotics in vitro Against Vibrio parahaemolyticus, Causative Agent of Acute Hepatopancreatic Necrosis Disease in Shrimp

エビの急性肝すい臓壊死病の因子であるVibrio parahaemolyticusに対するインビトロ試験によるプロバイオティクスの有効性の評価

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Gustavo Pinoargote and Sadhana Ravishankar

​School of Animal and Comparative Biomedical Sciences, University of Arizona, USA

エビの深刻な病気であるAHPNDを引き起こすVibrio parahaemolyticusに対するプロバイオティクスの阻害効果を調査した。L. casei、S. cerevisiae、 R. palustrisの3種をプロバイオティクス溶液(上清と菌液全体)とし、個別及び様々な組み合わせを試した。ディスク拡散試験では、上清より菌液全体が阻害活性が高かった。チャレンジテストの結果は、L. caseiまたはその他2種と混合したL. caseiを処理したとき、48時間後に高い病原菌の不活性化を示した。L. casei のみ、L. caseiと他の2種を混合したプロバイオティクス溶液はAHPNDを抑制する可能性を持つ。

【エビ養殖】【プロバイオティクス】【急性肝すい臓壊死症】【AHPND】

Journal of Probiotics & Health / 2018; 6: 193

Effects of salinity on acid production and growth of three probiotic microbes with potential for application in intensive shrimp aquaculture

高密度エビ養殖に適用可能性のある3種のプロバイオティクス微生物の増殖や酸産生に及ぼす塩濃度の影響

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Gustavo Pinoargote and Sadhana Ravishankar

​School of Animal and Comparative Biomedical Sciences, University of Arizona, USA

エビ養殖の高密度栽培システムでは新興感染症対策としてプロバイオティクスが検討され始めている。本研究ではプロバイオティクス微生物であるL. caseiとS.cereviciae、R. palustrisの塩濃度1~2%条件下における生存菌数と酸産生能、形態変化を調査した。L. caseiとS.cereviciaeは塩濃度2%でも増殖曲線や酸産生能および形態の変化がみられなかった。R. palustrisは塩濃度により対数増殖期が長くなるが、酸産生や形態に変化は見られなかったことから、これら菌種は高密度エビ養殖で設定される塩分濃度2%までの養殖池に適用するのに適していると考えられた。

【エビ養殖】【プロバイオティクス】【塩分濃度】

Journal of Probiotics & Health; 2018: 6(1)

Effect of probiotic em-4 in feeds on the growth and survival rate of goldfish (Carrasius auratus)

金魚(Carrasius auratus)の生育と生存率に及ぼす飼料中のプロバイオティックEM-4の影響

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Hasan Sitorus, Khadijah EL Ramija : Dan Ikhsan Shaumil Akhir

Department of Fisheries, Nommensen HKBP University, Jl. Sutomo No. 4 A Medan, North Sumatera, Indonesia

Department of Aquaculture, Dharmawangsa University, Jl. K.L. Sudarso No. 224 Medan, Indonesia

EM-4は、金魚の飼育において水質を改良し、病気を抑制し、生育を促進しうるプロバイオティクス製品のひとつである。この研究では、金魚(Carrasius auratus)の生育と生存率について、飼料に混和したEM-4の効果を検証した。研究の結果、飼料への添加量によっては、金魚の生育や生存率に顕著な効果が見られた。その最適用量は30mg/㎏飼料であり、重量で5.6gの増加、体長で1.2㎝の増加が見られ、生存率は100%であった。

【水産】【金魚】【Carrasius auratus】【プロバイオティクス】

International Journal of Fisheries and Aquatic Studies 2018; 6(3): 108-111

Influence of Effective Microorganisms on Growth Performances of Broiler Chicken under Local Conditions

局地的条件下におけるブロイラー鶏の生育に及ぼす有用微生物群(EM)の影響

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Jayathilaka BR1 , Nayananjalie WAD1 , Adikari AMJB1 and Samaraweera BWNJ2

1Department of Animal and Food Sciences, Faculty of Agriculture, Rajarata University of Sri Lanka, Puliyankulama, Anuradhapura, Sri Lanka

2Livestock Experiment Unit, Faculty of Agriculture, Rajarata University of Sri Lanka, Puliyankulama, Anuradhapura, Sri Lanka

スリランカの環境条件下でブロイラー鶏の成長に及ぼすEMの影響を調べた。 EM区では、飲水に水1L当り10mlのEMを添加した。 鶏の体重は定期的に、飼料摂取量は毎週測定した。体重増加と飼料要求率(FCR)は育成前期、育成後期、全育成期間に分け調べた。育成前期ではEM区は、対照区と比較して有意に高い体重増加、飼料摂取量およびFCRを示した。しかし、育成後期では、EMは成長やFCRに影響しなかった。全育成期間では、総飼料摂取量がEM区で対照区より有意に高かったが、FCR、屠体収量、屠体率に有意差はなかった。結論として、EMはブロイラー鶏の育成前期においてポジティブな影響を及ぼした。

【養鶏】【ブロイラー】【プロバイオティクス】

International Journal of Multidisciplinary Studies (IJMS) 2016, 4(1), 67-73.

Effect of the EM Immobilized Technology on Nitrogen Dissolution Characteristics of Aquaculture Sediment

水産養殖堆積物の窒素溶解特性に対するEM固定化技術の影響

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Long WANG1,2, Ya-Lu SHAO1, Xin-Yu MAO1,3, Xiao-Hou SHAO2,3, Qi-Jin WU4

1College of Water Conservancy and Hydropower Engineering, Hohai University,

2Key Laboratory of Efficient Irrigation-Drainage and Agricultural Soil-Water Environment in Southern China of Ministry of Education, Hohai University,

3 Nanjing Ning-ya Environmental Science and Technology Limited Company, Nanjing 210036, PR China

4 Gaochun Water Conservancy Bureau, Nanjing, 211300, China

池の堆積物の窒素溶解特性に対する固定化EM技術の影響を、室内のシミュレーション実験で検証した。結果は堆積物から溶出した無機態窒素はアンモニア態窒素がほとんどを占めていた。アンモニア態窒素はより高いpH値の水で放出され、水中のアンモニア態窒素の濃度が下がる。EMナノ-シリカボールを使用すると、堆積物から水への無機体窒素の溶出を効果的に抑え、水中の総窒素とアンモニア態窒素量が減少する。Blank(CK)区では堆積物の厚さと無機態窒素の溶出量には関連がなかったが、堆積物が厚い方が早い時期に溶出した。しかし、EMナノ-シリカボール処理では堆積物が厚いと無機態窒素の溶出の阻害効果は減少した。

【環境保全】【水産】【堆積物】【ヘドロ】【養殖】【アンモニア】【ナノシリカ】

International Conference on Material Science and Application, 2015, 147-152

Effects of Synergy between Earthworms and Effective Microorganisms on Vermicomposting of Pig Manure

豚糞のミミズ堆肥化におけるミミズと有用微生物群(EM)の相乗作用

表題

著者

掲載誌

要約

URL​

Xu DiFa ;  Liu GuangShen ;  Yu QuMin ;  Li RongXi

Department of Biological and Environmental Science, Changsha University, Changsha 410003, China.

豚糞のミミズ堆肥化におけるミミズとEMの相乗作用を調べた。堆肥化試験をEM接種区、ミミズ接種区、EM+ミミズ接種区、対照区で行った。試料を0、15、30、45、60日目に採取し、全有機炭素(TOC)、総ケルダール窒素(TKN)、アンモニウム窒素、硝酸塩窒素、水溶性炭素(WSC)を測定した。対照区と比べて、EM+ミミズ接種区は、TOC含量が42.8%減少、TKN含量が13.6%増加、炭素窒素比が49.5%減少、アンモニア性窒素は98.1%、硝酸態窒素は96倍、硝酸態窒素は61倍となり、WSC含量は58.9%減少した。ミミズとEMによる豚糞堆肥化は、堆肥成熟を促進し、無機化と安定性を改善する。

【農業】【畜産】【豚糞】【ミミズ堆肥】【ミミズ】

Animal Husbandry and Feed Science,2011,3(1):39-42

 
 
 
 
 
 
世界中のEM関連ニュースや科学論文の内容を日本語で紹介しておりますが、外国語のニュースや科学論文の和訳ついてはプロの翻訳家や各分野の専門家が和訳したものではありません。そのため、和訳した文章にミスや本来のニュアンスと異なる表現がある可能性がありますのでご了承ください。

​お気づきの点などございましたら、下記メールアドレスにお問い合わせください。

お問い合わせ先

​Email : ​​​emworldnews@gmail.com

​推奨閲覧環境(Google Chrome ,Mac 用 Safari (Safari 11 以降))